ご挨拶

グローバルソリューションで変化対応力向上を
Global Experience to Share
 情報技術の進化が、例えばスマホのような情報機器の小型化携帯化を通して、より広範囲に、そしてグローバルに、大きな社会変化を引き起こしています。こうした変化とそれを踏まえた顧客ニーズに対応していく中、我々は、サービスラインとビジネスモデルの幅を拡げてきました。
そして、この変化対応をより顧客の皆様に訴求し、同時に社員自ら変化対応していくべく、平成30年4月1日より、
社名を「株式会社RedLotus&DSG-J」から「株式会社EvangTech」に改名しました。
この新社名は、「Evangelist」と「Technology」を合体した「技術の伝道者」を表現したものです。
その柔軟性や完成度や他システムとの連携性でグローバルなソリューションとなっている技術を顧客の皆様に享受してもらいたいという想いからです。その想いを「Global Experience to Share」というキャッチフレーズに込めました。
我々は、中国大連の関係会社とのコワークや若い技術者との交流を通し、新しい技術や利用技術への対応力を磨いています。
日本で新しいビジネス領域を創出されようとしている皆様、グローバル標準のシステムを先行して実装されようとしている皆様、更には、アジア・グローバルにその領域に拡げようとしている皆様に貢献できるよう挑戦してまいります。

 

代表取締役 小山敏幸
取締役社長 郭 新陽

Copyright(C) 2005-2019 EvangTech Co.,Ltd. All rights reserved.